国産オーガニックアロマ・化粧品原料販売
HomeAbout usBlog甘夏ベルガモット
primi sui motori con e-max.it

甘夏ベルガモット

私たちが甘夏ネロリ事業を始めたのは、水俣地域にはその歴史的な環境問題の教訓にもとづいて、長年オーガニック栽培が続けられてきた甘夏ミカンの畑があったからでした。

甘夏ミカン(学名Citrus Ntsudaidai)は、日本で橙と呼ばれるビターオレンジ(学名Citrus Aurantium)が突然変異したジャパニーズビターオレンジとも呼べるもので、その花の香りもジャパニーズネロリということは、これまでもいたるところで説明してきているところですが、その果実の香りについては、これまで手つかずでした。

特に夏場に大量に摘果される青果実の果皮は、柑橘系の香りの特徴であるさわやかな香りがあふれています。

その中でも特に好まれているのが、ビターオレンジの一種の「ベルガモット」という香りで、やはり青果実から取れるものです。

アールグレー紅茶の香りづけに使われているため、知っている方も多いことでしょう。

従来は圧搾法で精油を抽出するのですが、その方法だと精油以外の油脂分も取れるため、大量に処理しなければろ過等に困難が考えられます。

そのため、私たちは、私たちが得意とする蒸留法に挑戦。見事純粋でさわやかな香りのベルガモット精油を取ることに成功しました。

22日の蒸留体験会では、その甘夏青果実ベルガモット精油を皆さんで抽出してみようというものです。

貴重な甘夏ミカンの生産者をより一層応援できるよう、甘夏ベルガモットのこれからに乞うご期待です。

 

 

 

 

foot bnr03
ネローラ 甘夏とネロリ
ネローラオンラインショップ
Go to top